ELK

Easy Life Knowledge

正しい糖質制限ダイエットを行うための知識

ダイエットでよくある食事管理方法は糖質制限だ。
その中でも炭水化物を制限する事が注目されがちだが、誤った知識で炭水化物を制限してしまうと健康上での危険が及んだり、脂肪燃焼が上手く行かないことがある。
結論から言うと、炭水化物は取ったほうがいい。
ただ、取らないほうが良い炭水化物と取ったほうがいい炭水化物があるのでその知識を持つべき。

正しい糖質制限を行って、健康なダイエットの方法を身に着けよう。


【炭水化物とは?】
炭水化物とはエネルギーとなる「糖質」とエネルギーにはならない「食物繊維」で構成されている。
糖質制限ダイエットではこの糖質を制限する。


【糖質とは?】
1g=4キロカロリー。
糖質は脳、中枢神経、筋肉などに無くてはならない栄養素。
基本的には身体に無くてはならない栄養素の一つ。
糖質は大きく2つに分けることが出来る。
1つ目の「複合糖質」は様々な栄養素が含まれており、食物繊維やビタミン、ミネラル類、でんぷん質などが主な構成物質。消化に時間がかかる。
2つ目の「単純糖質」は果糖、ブドウ糖などで構成される。ダイエットではこちらの単純糖質を制限する事が健康
的に痩せる秘訣。(単純糖質制限)


【消化に時間がかかることのメリット】
ゆっくり時間をかけて消化される事で血糖値が徐々に上昇する。
糖を吸収するための物質であるインスリンも徐々に分泌されるので急激な変化が無く、身体への負担も少ない。


【危険なダイエットの例】
複合糖質も単純糖質も分けずに、糖質は全て制限することは健康上危険。
糖質には食物繊維、ビタミンなど身体に必須な栄養素が多数含まれているので複合糖質をカットすると健康を害する可能性がある。


【健康的に取れるオススメ複合糖質】
ダイエットのために食べたほうがいい炭水化物のオススメTOP3
1.もち麦
2.オートミール
3.全粉粉スパゲティー


正しく健康的に糖質制限を行う為の参考に。

更新日:2020/10/27